スタッフプロフィール

土台・根っこが大切なんです。

担当:歯周病治療 林 千絵 Chie Hayashi

資格
歯科医師
歯学博士
アメリカ歯周病学会認定専門医(Diplomate of the American Board of Periodontology)
略歴
2002年
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
2006年
東京医科歯科大学医歯学総合研究科歯周病学専攻博士課程修了
2006-2007年
ボストン大学歯学部矯正科Research Fellow
2007-2011年
ボストン大学医学部Section of Infectious Diseases Postdoctoral Fellow
2011-2014年
ハーバード大学歯学部歯周病学分野レジデント、Research Fellow
2012年~
三重大学医学部非常勤講師
2012年~
Forsyth Dental Institute Department of Immunology and Infectious Diseases adjunct assistant professor
2013年~
東京医科歯科大学医歯学総合研究科非常勤講師

コンプレックスが原点

Photo by Yu Kaida

医師になったきっかけは?

歯科医師の業界では家族や親族が歯科医師である場合が多いようですが、私はそうではありませんでした(笑)。

だから、もともと歯科医になるという思いを抱いていたわけではなかったんですよ。

私と歯科医との接点は、元々歯が一部先天性に欠如していたことにあります。
そのことで子供の頃、たびたび嫌な思いをしてコンプレックスになっちゃったんです。

そんな折、ある歯科医の先生に出会ったことで私の行くべき道が見つかりました。

その先生は、私の「質問の嵐」にとても丁寧に答えてくれて、私が質問した以上に沢山のことを教えてくれたんです。あ、 私ってとても知りたがりな子どもだったんですよ(苦笑)。

先生が全てを受け止めてくれたことで、抱えていたコンプレックスが解消されたんです。本当に沢山のことを教えていただきました。

ある時、先生はふとこう言ったんです。
「千絵ちゃんも歯医者になったら?」

私は素直に「はい!」と答えてました(笑)。
先生のような歯科医になりたいと思ったんです。
これが歯科医を志したキッカケです。

それから何年も経って歯科医になった時、先生に御礼を申し上げました。
先生は「がんばってくださいね」と激励してくださり、それがとても嬉しかったことを覚えています。

アメリカと日本の国民性の違いも考慮

Photo by Yu Kaida

デュボワと他の歯科との違いは?

私はアメリカでずっと仕事してきたので、日本の歯科医療の現場は独特だなと思っています。

アメリカ人は「自己責任」を基本理念としていますよね。
日本のような健康保険が無いため、歯科医療も自己責任で行います。
歯が悪くなればその分余計にお金が掛かるという意識があるから、こまめなメンテナンス=予防医療への意識がとても高いんですよ。

でも日本は残念ながら悪くなってから行くのが当たり前になっていますよね。

悪くなってから治療を始めるから、健康保険の範疇では対処はできても根治→予防までは中々できない…実際、私の専門である歯周病予防は保険が効きませんし…。

それに治療も保険範囲内で一人の歯科医ができる範囲で対処しますよね。

アメリカではジェネラルデンティストが各専門医を紹介するなどして治療に取り組むチーム医療が行われています。私もその中で歯周病認定専門医としてやってきました。

デュボワも予防=先制医療の考え方の元、チーム体制で取り組んでいますが、日本はアメリカのように予防意識が根付いているわけではないので、啓蒙活動や説明を日本の文化に合わせて丁寧にやっています。そうやって日本の事情に合わせてサービスを提供しているところが素晴らしいです。

ゲストに対して特に気をつけていることは?

診断をしっかり行い、ベストな選択肢を提示できるように努力しています。
ゲストが自分をさらけ出す勇気に対して真摯に向き合い、持てる力を全て提供することが私の任務なんです。

そのために、先制医療の大切さをいかに伝えるかを常に考え、試行錯誤しています。

土台作りに貢献したい

Photo by Yu Kaida

デュボワや歯科界の将来について考えていることは?

私は歯周病・歯肉の専門医ですから、特に根っこ・土台となる歯肉の予防を浸透させたいと思います。

「歯肉は下がるのが当たり前」という認識がありますが、実は当たり前で割り切れないんです。
歯並びや歯肉の状態如何で歯肉の下がり方に大きな差が発生するんです。

そのことをもっと認識してもらって、歯肉も含めた様々な「先制医療」をチームで取り組むのが当たり前になるようなシステムを作っていきたいですね。

また、私は歯周病と動脈硬化の関係研究も行っていて、大学の非常勤講師もやっているのですが、教え子達の人間形成=土台作りにも今後もしっかり関わっていきたいと思っています。明日の日本の歯科医療の要になる人材ですから。

これまで学ばせていただいことや積ませていただいた経験を社会に還元することが大切だと思っていますので、しっかり成果を出していきたいです。

スタッフへ治療について問い合わせる
医療法人社団 協立歯科 クリニーク デュボワ
住所 〒100-0011 千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ 4階
TEL 03-3509-1651
FAX 03-3509-1657
受付時間 10:00~19:00
休診日 日曜・月曜・祝日
アクセスマップ
PIOインプラントセンター
採用情報
プライバシーポリシー
サイトマップ